徳島県立 城南高等学校 後援会 会則


 


第1章   総   則
  第 1条 本会は、徳島県立城南高等学校後援会と称し、事務所を徳島県立城南高等学校
      (以下「本校」という。)におく。

  第 2条 本会は、本校教育の振興発展を後援することを目的とする。

第2章   組   織
  第 3条 本会は、本校教育の振興発展を後援しようとする有志をもって組織する。
     2.本会への入退会は、随時可能なものとする。

第3章   事   業
  第 4条 本会は、第2条の目的を達成するため次の事業を行なう。
     1.本校教育の振興発展に資する教材、教具、施設の充実等の為の援助に関する事業。
     2.本校生徒の競技会、発表会参加等諸活動の援助に関する事業。
     3.本校生徒(卒業生を含む)の進路選択に資する事業。
     4.その他本校教育の振興発展に資する事業。
     5.本会会報発行等広報に関する事業。

第4章   役   員
  第 5条 本会に次の役員を置く。
     1.会  長  1 名
     2.副会長 若干名
     3.監  査 若干名
     4.理  事 数百名
     5.顧  問 若干名

  第 6条 役員の任務は、次のとおりとする。
     1.会 長 本会を代表し、会務を総括し、会議の議長となる。

会長は、緊急性のある軽易な事項に関しては、会長権限として処理することが
できるものとする。

  2.副会長 会長を補佐し、会長事故あるときはこれに代わる。

会長副会長会を構成し、会務の推進に当たる。

うち1名は、会計及び書記事務を統括する。

  3.監 査 会計を監査する。

  4.理 事 会務の執行に当たる。

  5.顧 問 会長の求めに応じ総合的見地から意見を述べるものとする。

  第 7条 役員の選出は、次によるものとする。
     1.理事は、本会の趣旨に賛同する以下の者から会長副会長会で選出し、会長が委嘱する。
      ①本校同窓会理事以上の任にある者、またはこれらの経験者。
      ②本校松柏会の理事以上の任にある者。
      ③本校松柏会の会長または家庭教育研修部長(旧女性部長)経験者。
      ④本校卒業生で、本校在職中の職員。
      ⑤会長の推薦を受け、会長副会長会で承認を得た者。
     2.会長、副会長及び監査は、会長副会長会において選出するものとする。
       本校松柏会会長は、副会長とする。

 3.顧問は、会長副会長会の承認を得て会長が委嘱するものとする。

  本校同窓会長、関東支部長及び近畿支部長は顧問とする。

第 8条 役員の任期は、2箇年とする。ただし、留任を妨げないものとする。
   2.本校松柏会選出役員の任期については、松柏会役員としての任期年度とする。

3.本校在職中の役員の任期については、本校在職期間とする。

第5章   会   議
  第 9条 本会の会議は、会長副会長会及び理事会とする。

2.会議は、すべて会長が招集する。
   3.会長副会長会は、会長が随時招集し、会務、会計及び役員等本会運営に関する全ての
     事項を審議決定する。
   4.会長は、年度当初に理事会を開催し、前年度の事業に関わる事項及び当年度の活動方
     針等を説明しなければならない。
     会長は、理事会の意見を尊重し会務を執行しなければならない
   5.会長は、本会事業推進に必要な場合、臨時理事会を開くことができる。

第6章   会   計
  第10条 本会の経費は会員の拠出する通常会費、賛助会費、寄付金及び事業による収入をもって
      これにあてる。

  第11条 本会会員の会費は、年額一口5,000円とし、その口数は制限しない。

  第12条 本会の会計年度は 6月1日に始まり翌年5月31日に終わるものとする。 

第7章   雑   則
  第13条 本会会則の変更は会長副会長会の議決によらなければならない。
  
  第14条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な細則は、会長副会長会において適宜
      定めるものとする。
 
附    則

1.この会則は、平成13年8月12日から施行する。
   2.この会則は、平成19年9月29日から施行する。
   3.この会則は、平成23年6月23日から施行する。