ご挨拶(ご協力のお願い)
          
 
            徳島県立城南高等学校後援会
            会長 森 荘太郎 (昭和37年卒)
 
 城南高等学校をご卒業の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 
 城南高等学校後援会も平成19年度に私が会長をお受けし本格的活動を開始して以来5年目を迎えました。この間、同窓生、松柏関係の皆様から多くのご協力をいただき、おかげをもちまして母校教育の充実や生徒達の部活動の下支えに有意義な支援をおこなうことが出来ました。
 ご協力いただいた皆様に心から感謝申し上げます。
 
 昨年(平成22年)度は、高校総体が沖縄県で開催されたことから選手(7種目〔35名〕)派遣費が不足し、学校側からの強い要請を受け100万円の補助を行いました。なお、選手派遣費に関しては、松柏会において平成23年度に保護者会費を値上げして選手派遣費等を確保することとしたとのことであります。
 
 また、硬式野球部が秋期県大会で優勝し、四国大会出場に際しては同窓会とともに壮行式を開催、支援金80万円(同窓会と折半)を贈り、甲子園出場に向け選手を激励しました。結果21世紀枠で選抜大会に初出場でき、見事甲子園での初勝利を勝ち取ってくれました。
 後援会としては、甲子園出場を応援するため同窓会、松柏会、野球部OB会、野球部保護者会と共に甲子園出場特別後援会を組織し、精力的に募金活動に取り組みました。この募金にはさらに多くの皆様のご協力をいただき、盛大な応援ができました。改めてご協力いただきました各位に感謝申し上げます。
 
 さて、本年度は学校設備の充実に関する支援として、当局と協議の結果、体育館会議室のテーブル(14個)、パイプ椅子(150脚)に加え、熱中症対策器具として、ミスト3器の購入費約200万円を支援することといたしました。
 こうした後援会活動を通じ、同窓生の皆様と共に母校発展の喜びを分かち合えればと考えております。
 
 つきましては、皆様には後援会活動の趣旨をご理解いただき、会費(寄付金)を納入いただきますよう心よりお願する次第でございます。
 また、同窓の方へご案内等につきましても、ご高配を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。
                                平成23年9月