徳島県立城南高等学校沿革概要

 

明治 8年(1875)         名東郡師範学校附属変則中学校として設立認可される

明治11年(1878)  12月10日  徳島師範学校附属変則中学校を廃止し、徳島中学校を開設

明治12年(1879)  2月18日 校長任命、職員兼務を解かれ、師範学校より独立

明治18年(1885)  4月15日  脇町・富岡・川島三中学校を統合

              9月10日  校舎新築(東富田17、18、19番地)し 師範学校とともに移転

明治20年(1887)  1月20日 徳島尋常中学校規則制定

明治26年(1893)  4月 1日 徳島県尋常中学校と改称

明治29年(1896)  4月 1日 脇町・富岡に分校を開設

明治32年(1899)   4月 1目 徳島県徳島中学校と改称脇町・富岡両分校本校より独立

明治34年(1901)  7月 1日 徳島県立徳島中学校と改称

昭和 8年(1933)   6月 1日 新校舎現在地(徳島市南二軒屋町)に落成移転

昭和20年(1945)  7月 4日 空襲を受け農業倉庫を残し全校舎焼失

          8月    徳島市田宮胃城中学校の一部を借り授業を開始

昭和22年(1947)  7月18日  昭和21年より復興にかかり本年新校舎に移転

昭和23年(1948)   4月 1日 学制改革により徳島県徳島第一高等学校を開設通信教育部を設置

昭和24年(1949) 4月 1日 高等学校再編成により徳島県城南高等学校創設

          4月20日 開校式を挙げ、この日を本校開校記念日とする

昭和28年(1953)  4月 1日 家庭課程を加設

昭和31年(1956) 4月 1目 徳島県立城南高等学校と改称

昭和47年(1972) 4月 1日 総合選抜制の実施に伴い家庭課程の募集を停止

昭和49年(1974)  11月21日 創立100周年記念事業として100周年記念会館(一部4階建延1,.033㎡)完成

昭和50年(1975)  11月 1日 創立100周年記念式典挙行

昭和55年(1980) 3月31日 通信制課程廃止

昭和60年(1985) 11月16日 創立11O周年記念事業として

              校門周辺拡張・整備(「アババイ」像設置)「禍の音歴史館」創設

平成7年(1995)       創立120周年記念各種行事10月26日式典挙行

後援会 top page へ